スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<谷亮子さん>参院選に民主党から出馬…10日夕、表明へ(毎日新聞)

 柔道の女子48キロ級でシドニー、アテネ五輪で金メダルを獲得した谷亮子さん(34)=トヨタ自動車=が夏の参院選に民主党から立候補することが10日、明らかになった。同日夕、東京・永田町の民主党本部で小沢一郎幹事長も同席して記者会見を開き、出馬を正式に表明する予定。

 谷は08年の北京五輪で銅メダルを獲得した後、競技活動を休養。昨年10月には次男を出産した。

【関連ニュース】
参院選・大阪選挙区 「女性の目線で」 岡部氏出馬表明
桂きん枝氏を擁立へ…参院選比例代表
参院選比例代表 巨人前監督の堀内恒夫氏を公認
参院選:石井浩郎氏が事務所開き 秋田
<写真特集>柔道・全日本選抜体重別 谷は決勝で苦杯(2008年)

参院島根に桜内朋雄氏=みんな、1人区初の公認(時事通信)
JR東海社員、東京駅高架下に飛び降り死亡(読売新聞)
運輸局に「仮の認可」命じる=MKの割安運賃で-福岡地裁(時事通信)
赤字のニューズウィーク、売却検討(読売新聞)
<河村名古屋市長>「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)

<普天間移設>首相、現行案を否定(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は24日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行案について「現行案が受け入れられるというような話はあってはならない」と述べ、明確に否定した。群馬県大泉町内で記者団に語った。

 首相の発言は、同日付の米ワシントン・ポスト紙(電子版)が「岡田克也外相とルース駐日米大使が23日に東京都内の在日米大使館で会談し、現行案をおおむね受け入れると伝えた」と報じたことを受けたもの。

 首相は岡田氏がルース氏と会談したことは認めながらも、現行案に関しては「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒とくだ。あそこに立った人は皆、あの海が埋め立てられたらたまったもんじゃないと感じたと思う」と強調した。

 ◇外相と防衛相は微修正に含み

 これに対し、岡田氏と北沢俊美防衛相は、米紙報道はそろって否定したものの、現行案微修正を含めた辺野古移設には含みを残す違いを見せた。

 岡田氏は24日、長崎県佐世保市内で記者団に、「首相が言っておられるように(現行案おおむね受け入れを表明したとの)事実はない」と否定。ただ、現行案に対する自身の考えを問われると「ゼロベースで議論している。それ以上に申し上げることはない」と述べるにとどめ、ルース氏との会談内容も明らかにしなかった。

 また北沢氏は同日、長野市内で記者団に「現行案へ戻るということはあり得ない」と述べた。一方で「どこまでが修正かということがあるから(岡田、ルース両氏の会談の)中身をしっかり聞かなければいけない」とも述べ、現行案の微修正に含みを持たせた。

 政府は、鳩山首相が「県外移設」に強くこだわったことから、鹿児島県・徳之島への普天間移設を検討してきた。ただ全面移設は想定しておらず防衛省は普天間ヘリ部隊の大部分を徳之島に、一部をキャンプ・シュワブ陸上部(沖縄県名護市)に移転する案を軸に米側と水面下で折衝してきた。しかし、米側は沖縄と徳之島の間の距離が遠いことを理由に分散移転には難色を示している。首相と岡田、北沢両氏の発言の食い違いは、首相が昨年の衆院選で事実上公約した「県外移設」が現実の壁にぶつかり、行き詰まっている実情を浮き彫りにしたと言える。

 普天間飛行場の国外・県外移設を求める沖縄県民大会の前日に降ってわいた「現行案受け入れ」報道。「県内移設反対」を訴える県民感情が強まるのは必至だ。岡田氏は「重要な大会を控えて、極めて遺憾だ」と語った。【吉永康朗、仙石恭、笈田直樹】

【関連ニュース】
普天間移設:沖縄知事、県民大会参加へ 発言を政府注視
普天間移設問題:鳩山首相、「職を賭す」 沖縄訪問に意欲
鳩山首相:志位・共産党委員長と会談 普天間移設問題巡り
普天間移設:沖縄知事、県民大会参加を正式表明
鳩山首相:大型連休中に沖縄訪問を検討 実現するかは微妙

インフル患者が12週ぶりに増加(医療介護CBニュース)
『.org』ドメインへの『DNSSEC』実装は2010年6月に完了の予定
ミカルディスなど主力品が売り上げをけん引―日本ベーリンガー(医療介護CBニュース)
堀内・巨人前監督が出馬表明「政界に剛速球」(読売新聞)
<猿橋賞>奈良先端科学技術大学院大の高橋淑子教授が受賞(毎日新聞)

<富良野市長選>能登氏が再選 北海道(毎日新聞)

 富良野市長(北海道)能登芳昭氏(70)が再選。元市議の佐々木雅夫氏(63)を破る。投票率は73.89%。

 確定得票数は次の通り。

当8244 能登 芳昭=無現<2>

 6020 佐々木雅夫=無新

海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で-関係筋(時事通信)
100人が成田空港で一夜=帰国できない外国人ら-欧州火山灰(時事通信)
<公訴時効見直し>刑事訴訟法改正案が参院通過 衆院へ送付(毎日新聞)
<西京銀行>融資先の氏名など書かれた関係書類を紛失(毎日新聞)
文部科学省、公立学校の耐震化に予算配分(産経新聞)

もんじゅ運転再開可否を近く判断(産経新聞)

 平成7年のナトリウム漏れ事故以降、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、県は17日、県原子力安全専門委員会を開催し、運転の再開について、安全性に「問題がない」などと再開を容認する内容の最終報告書をまとめた。西川一誠知事はこの報告を踏まえ、文部科学相、経済産業相との協議に臨み、近く運転再開の可否を判断する。

 同委員会は3月の審議で技術面から運転再開は可能と判断したが、国やもんじゅを運転する日本原子力研究開発機構に対して安全性を確保する方策などの要望をとりまとめるため、この日の審議を行った。

 運転再開にあたっては、特別な安全監視実施や設備・機器の保全強化、新しい知見を取り入れた耐震性評価などの安全性向上の3項目を要望に盛り込んだ。

 また、西川知事は運転再開の条件として、国が北陸新幹線の県内延伸を含む地域振興に積極的な姿勢を示すよう求めている。

【関連記事】
もんじゅ「安全規制を着実に」 21年版原子力安全白書
もんじゅ再開可能 福井県専門委が耐震性評価
もんじゅ再開、4月以降にずれ込みか
電力各社と原子力機構 プルトニウム保有計30トン
運転再開近づく「もんじゅ」 ナトリウム漏れに対策

保守系地方議員が鳩山政権を批判(産経新聞)
略称「日本」重複、止める手だてない…総務相(読売新聞)
<教員人事権移譲>副文科相容認 大阪府11年度から実施へ(毎日新聞)
強毒性の新型インフルに備え 厚生労働省が業務継続計画(産経新聞)
露大統領「領土問題から逃げない」(産経新聞)

日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回(産経新聞)

 日本医師会(日医)の原中勝征新会長は14日、民主党の参院選マニフェスト(選挙公約)を検討する「国民生活研究会」の総会で、いったん消費税率の引き上げを主張しながら、出席議員の反対意見にあっさりと撤回した。

 日医は医療費増に向けた財源として消費税増税を求めているが、“親民主”を掲げて会長選に当選したばかりの原中氏が、消費税をめぐり混乱する党内事情に配慮した格好だ。

 出席者によると、原中氏は「国家財政の基本は税収。そこは逃げないほうが良い」と、消費税増税を主張。だが、議員から「消費税のことを言わないでほしい」と求められると、「私は税制に詳しくないから」とあっさりと主張を撤回した。

 総会後の記者団からの質問には「消費税の具体的な話はしていない」と説明した。

【関連記事】
日本医師会宛の鉢植え発火 職員のライターからフィルム引火か
日医新体制 政権との距離より患者だ
日本医師会で花束が発火、床など焼ける
日本医師会新会長に原中氏 民主党との関係強化
自民・河村選対局長代理「仕方ない」 日医会長選に
外国人地方参政権問題に一石

新田次郎賞に菷木蓬生氏ら(時事通信)
<雑記帳>うれしいな、さっちゃん JR船橋駅(毎日新聞)
加齢による女性の体型変化の法則 バストの下垂20代から始まる(J-CASTニュース)
踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響 京都・大阪(産経新聞)
1票の格差「違憲状態」請求棄却…高松高裁(読売新聞)
プロフィール

竹中	武久

Author:竹中 武久
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。