スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常用漢字改訂案を了承=来月にも答申へ―文化審(時事通信)

 文化審議会国語分科会は19日、常用漢字を2136字に増やす改訂案を了承した。6月ごろ文化審議会で正式決定の上、文部科学相に答申され、年内にも告示となる見通し。
 常用漢字表は「漢字使用の目安」で、1945字から成る現行表は1981年に告示された。その後普及したパソコンや携帯電話の漢字変換機能により、日常的に使われる漢字が増えたことを背景に2005年、文科相が文化審議会に見直しを諮問。同分科会の漢字小委員会は今年4月、使用頻度の高い196字を加え、5字を削除して2136字とする最終案をまとめた。
 現行表では主に固有名詞に使われる漢字が入っていないが、改訂案は都道府県名に用いる「阪」「岡」などを追加。画数が多く手書きが難しいため外されていた漢字のうち、「鬱(うつ)」などよく使用される字を入れた。
 一方、否定的な印象がある「障害者」を「障碍者」と書き換えたいなどとして、追加の要望が多かった「碍」は見送られた。政府の「障がい者制度改革推進本部」で表記の見直しが決まった場合は、再検討する。 

【関連ニュース】
京町家など重文指定へ=建造物8件を答申
常用漢字改訂案、変更せず=「碍」は見送り
伊能の象限儀、国宝に=岩崎家を文化財登録へ
日本版フェアユースに反対=文化審小委に意見書
沼津の漁具など指定を=重要民俗文化財

<殺人>認知症の姉殴り死なす 同居の弟を逮捕(毎日新聞)
<公務員改革>全体像、なお先送り 国家公務員採用4割減、出先機関は8割減(毎日新聞)
山陽マルナカに立ち入り=優越的地位乱用で初の課徴金か―公取委(時事通信)
事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し(産経新聞)
首相の知事会出席を発表 官房長官(産経新聞)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

竹中	武久

Author:竹中 武久
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。