スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内服薬処方せんの記載方法を標準化へ―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月29日、「内服薬処方せんの記載方法の在り方に関する検討会」(座長=楠岡英雄・国立病院機構大阪医療センター院長)の報告書を公表した。内服薬処方せんの記載方法の標準を示し、全国の医療機関で統一を図る。

【「内服薬処方せん記載の在るべき姿」詳細】


 報告書では、各医療機関で処方せんの記載方法が統一されていない現状を指摘し、記載ミスや情報伝達エラーを防ぐため、患者や医療従事者を含め、誰が見ても記載内容が理解できるよう、処方せんの記載方法に標準を設け、全国の医療機関で統一された処方せんが発行されることが望ましいとした。

 その上で、「内服薬処方せん記載の在るべき姿」として、▽「薬名」については、薬価基準に記載されている製剤名を記載することを基本とする▽「分量」については、最小基本単位である1回内服量を記載することを基本とする―など5項目を提示した=表=。

 このほか、記載方法を標準化するまでの短期的方策と長期的方策や、移行期間における対応を示した。

 厚労省は今後、標準化の進ちょく状況について、2-3年中に中間評価を行うほか、遅くとも5年後に進ちょく状況などについて調査・研究を行うとしている。

 同検討会は昨年5月から、内服薬処方せんの記載方法にかかわる課題やその標準化など、今後の処方せんの記載方法の在り方について、医療安全の観点から検討していた。


【関連記事】
内服薬処方せんの記載方法の報告書案で議論―厚労省検討会
処方せんの単位量、「1回の内服量を基本に」
処方せん記載変更は「最低でも5年かかる」
処方せんの記載方法、新旧で明確な区別を
内服薬処方せん記載方法の改正「プロセスが重要」

<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)
民主党と読売新聞 誤報か否かで「戦闘」状態(J-CASTニュース)
1票の格差 昨年の総選挙「違法」と指摘 広島高裁の判決(毎日新聞)
町村氏の挑発に前原氏がキレた…衆院予算委(スポーツ報知)
<支笏湖氷濤まつり>30基の氷像が七色に 29日開幕(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

竹中	武久

Author:竹中 武久
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。