スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症って大変ですね。

一昨日までまったく気にして無かったのですが、急にやられました。
大変です。

花粉症って大変ですね。

クレジットカード現金化も気にしてませんでしたが、
実際に使ってみるとすごく便利ですね。
スポンサーサイト

気になる事

個人の借入額の規制が厳しくなった。

もともと生活に余裕のある方にとっては何も関係のないことなのかもしれませんが、大半の方が無関係というわけにはいかない状況なのではないでしょうか?

それに伴い、正規の借り入れが出来ない人が闇金に流れるケースも増加しており、この政策によるシワ寄せが生活貧困者を更なる窮地に陥れてしまっているようにも思えます。

そんな中、クレジットカードのショッピング枠現金化が新たな借り入れの方法として人気が出てきている。そんな話が聞こえてきます。

すでに様々な会社があり、選ぶのにも一苦労な場合はクレジットカード現金化ランキングなどで還元率などを比較し、自分にあった会社を選ぶ必要がありそうですね。


また、主婦の方は、旦那や近所の方にばれたくなかったり、女性のコールセンターなどしっかりした会社を選ぶ必要があります。
主婦キャッシングの方法としは以前から人気があったようです。


クレジットカードのショッピング枠現金化は新しい資金調達方法ですがあくまで一時的な資金調達であり、ご利用は計画的に行わないとい けません。

哨戒艦撃沈 日米韓、今後も連携で一致(産経新聞)

 【シンガポール=宮野弘之】北沢俊美防衛相は5日、訪問先のシンガポールでゲーツ米国防長官、韓国の金泰栄国防相と会談し、北朝鮮による韓国海軍哨戒艦撃沈事件をめぐる国連安全保障理事会での協議を前に、日米韓が今後も連携し一致した行動を取っていくことを確認した。ゲーツ長官は同日の講演で北朝鮮に対し、米国独自の追加措置を検討していると表明している。安保理での対北朝鮮決議をめぐる協議が不調に終わる場合、日米韓3国による独自制裁を含めた対応を取る可能性もある。

 会談では韓国から国連への問題提起にあたり、中国やロシアなど各国に調査結果を説明したことなど、現状について報告。北沢氏は会談後、記者団に対し、「国連で協議していくうえで、3カ国が一致した行動を取る必要があると感じた」と述べ、中露両国が北朝鮮に対する決議の採択などに消極的で、安保理協議が難航する可能性を示唆。

 ただ、その場合も「中国の理解を得て北朝鮮に対し、これ以上の暴発は自国に危険であることを知らせるメッセージを出し続ける必要がある」と述べ、中国の関与が不可欠だとの姿勢を示した。

 これに先だって行われた日米防衛相会談で、北沢氏は、菅直人新首相がアジア太平洋地域の平和と安定を重視していることを強調したうえで、米軍普天間飛行場の移設を含む日米合意について、「次の内閣でも間違いなく国と国との約束として引き継いでいく」と約束し、新内閣として、普天間問題の早期解決をめざし、国民の理解を求めていく方針を表明した。

【関連記事】
メガトン級「心理戦」を見合わせた韓国の葛藤
安保理提起、手探りのスタート 事前調整不完全なまま 哨戒艦撃沈
米韓の緊密協力再確認 李大統領、米国防長官と会談
米国防長官、北に責任を取らせる措置検討 韓国哨戒艦撃沈
組閣先送りで職務執行内閣 4日間は平成で最長
「はやぶさ」帰還へ

県立受験やめれば合格=帝京五高、受験生に打診―愛媛(時事通信)
<南アW杯>関連ビジネスへ期待高まるも治安などで振るわず(毎日新聞)
御巣鷹荒らし頻発、短冊や千羽鶴切り刻む(読売新聞)
特別支援学校講師を逮捕=大学施設に侵入容疑―千葉県警(時事通信)
海の安全、日米が「役割」=アジア安保会議で演説―防衛相(時事通信)

囲碁 山下勝ち、1勝1敗に 本因坊戦第2局(毎日新聞)

 福岡県久留米市のふかほり邸で26日から行われた第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は27日午後7時16分、236手で挑戦者の山下敬吾天元(31)が羽根直樹本因坊(33)に先番1目半勝ちし、対戦成績を1勝1敗とした。残り時間は山下4分、羽根6分。第3局は6月8、9の両日、奈良市の奈良ホテルで行われる。

【現地から実況中継】本因坊ダイジェスト第2局2日目

元船長、傷害罪を否認=シーシェパード捕鯨妨害初公判―東京地裁(時事通信)
自動車道をバックで逆走、トラックと衝突 1人死亡 兵庫(産経新聞)
多発性骨髄腫治療薬レブラミドの適正管理手順を了承(医療介護CBニュース)
「正当な理由あった」=職業は「キャプテン」―法廷厳重警備・SS元船長初公判(時事通信)
長崎・平戸漁船沈没 「追い波」減速せず転覆 巻き網船構造も一因 (産経新聞)

常用漢字改訂案を了承=来月にも答申へ―文化審(時事通信)

 文化審議会国語分科会は19日、常用漢字を2136字に増やす改訂案を了承した。6月ごろ文化審議会で正式決定の上、文部科学相に答申され、年内にも告示となる見通し。
 常用漢字表は「漢字使用の目安」で、1945字から成る現行表は1981年に告示された。その後普及したパソコンや携帯電話の漢字変換機能により、日常的に使われる漢字が増えたことを背景に2005年、文科相が文化審議会に見直しを諮問。同分科会の漢字小委員会は今年4月、使用頻度の高い196字を加え、5字を削除して2136字とする最終案をまとめた。
 現行表では主に固有名詞に使われる漢字が入っていないが、改訂案は都道府県名に用いる「阪」「岡」などを追加。画数が多く手書きが難しいため外されていた漢字のうち、「鬱(うつ)」などよく使用される字を入れた。
 一方、否定的な印象がある「障害者」を「障碍者」と書き換えたいなどとして、追加の要望が多かった「碍」は見送られた。政府の「障がい者制度改革推進本部」で表記の見直しが決まった場合は、再検討する。 

【関連ニュース】
京町家など重文指定へ=建造物8件を答申
常用漢字改訂案、変更せず=「碍」は見送り
伊能の象限儀、国宝に=岩崎家を文化財登録へ
日本版フェアユースに反対=文化審小委に意見書
沼津の漁具など指定を=重要民俗文化財

<殺人>認知症の姉殴り死なす 同居の弟を逮捕(毎日新聞)
<公務員改革>全体像、なお先送り 国家公務員採用4割減、出先機関は8割減(毎日新聞)
山陽マルナカに立ち入り=優越的地位乱用で初の課徴金か―公取委(時事通信)
事業仕分け後半戦スタート 塩供給業務は見直し(産経新聞)
首相の知事会出席を発表 官房長官(産経新聞)
プロフィール

竹中	武久

Author:竹中 武久
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。